埼玉県上尾市のISOコンサルタント事務所株式会社高野テクノサービス



  • セミナー内容と費用
  • 実績のご紹介
  • 気ままに更新ブログ

その他の活動

TPM活動内容と費用

TPM活動は、毎月1回の活動で内容と費用は次の通りです。

契約期間 コンサル費用 活動時間 活動内容
1年 5万円/日・人 AM:9:00~
PM:16:00
  1. オペレーターの教育
    1. ①仕事に五感を生かしトラブルの早期発見に対する意識の高揚。
    2. ②稼働率、生産性などのデータに強くなる。
    3. ③設備・機械に強くなる。(チョコ停、故障の処置に強くなる)
    4. ④品質目標・品質特性に対する意識の高揚。
  2. 設備・機械の予防保全、予知保全
    1. ①日常・使用時点検の重質
    2. ②故障データ等の利用による設備・機械の計画的保全と予備部品の充実。
    3. ③使用時間、使用頻度等による保全計画
  3. 活動時間割と内容(発表会とグループ討議中心)
    1. 午前:操業度、稼働率、実働率、段取り(内容と1回当たり)、時間当たりの生産数料、チョコ停内容、故障内容、不稼働率の発表
    2. 午後:不適合・苦情の追及、品質管理、特性要因図、安全作業、リスクアセスメント、工程FMEA、原価計算、生産管理、ISO対応、改善活動など期間と時間を決めてグループ討議・発表会を行う。
3年 3万円/日・人 AM:9:00~
PM:16:00
備考
  • 交通費・宿泊費は別途請求いたします。
  • 消費税は含まれておりません。(別途請求)
  • 参加人数は制限していませんが、最大でも20人程度が良いと思います。
  • 費用については、別途相談を承ります。

TS16949のシステム構築について

TS16949のシステム構築は2年程度の計画が良い。
TS16949のシステムを構築するに当たり、次のような事柄に留意し、綿密な計画を立てる必要があります。

  1. 技術部門の力量の有無が大きく影響します。
    1. ①製品設計、工程設計のスタッフ力
    2. ②コアツールに対する理解度
      a.APQP(先行製品品質計画)
      b.CP(コントロールプラン)
      c.PPAP(生産部品承認プロセス)
      d.SPC(統計的工程管理)
      e.FMEA(故障モード影響解析:DFMEA,PFMEA)
      f.MSA(測定システム解析)
      g.そのほか QFD(品質機能展開)など
    3. ③ISO9001と比較して、かなり要求事項も多く、深さもあります。
  2. TS16949のシステム構築は、まず勉強から始める方が良いと思います。
  3. 一通り勉強し、少しずつ進められるところは構築し、理解が深まったところで、本腰を入れてシステムを構築することを勧めます。

  4. TS16949のシステム構築計画は、具体的に示すことは難しいので、よく打ち合わせをしてから作成すると良いと思います。
TS16949のシステム構築費用

概算見積もり:
コンサル費用(180万円程度)+教育費用(30万円程度)=210万円(ISO9001の1.5倍程度)

備考
  • 交通費・宿泊費は別途請求いたします。
  • 消費税は含まれておりません。(別途請求)
  • コンサル費用のペース(8万円/日・人)

ISO22000について

ISO9001の活動内容と費用を参照してください。
工数が増加したとしても、2工数程度です。 正確な見積もりとスケジュール表は、打ち合わせ後作成します。


HACCPについて

私の考え方は、会社全体のシステムとして捉えていくため、その製品、そのラインだけのシステム構築はしないつもりです。
もちろん、顧客と打ち合わせをしながら計画を立てます。
HACCPを認証している企業で、その製品、そのラインはしっかりしているが、他はかなり改善を必要とする企業をみたり、聞いたりしたことがあります。
ISO9001と同レベルでシステムを構築します。
よって、費用的にはISO9001と同等で、工数を削減しても2工数程度です。
正確な見積もりとスケジュール表は、打ち合わせ後作成します。

ページトップへ